FCCライセンス試験

   お知らせ:2007年2月23日以降、モールスの試験は無くなりました。

 日本で受験できるアメリカFCCアマチュア無線のクラス

Technician Class - 入門のクラスで、使える周波数は、28MHZ以上のアマチュアバンドで144MHz/430MHzそして
日本では、割り当てのない220MHzなどの200Wまでの運用が可能な資格です。試験には35問の問題が出ます。

 

General Class - 中間に位置する資格で使える周波数は、28MHz以下のHF帯を含む.ほぼ全てのアマチュアバンド
での1500W以下の運用が可能です、世界中のアマチュア局との交信が可能です。試験は、35問の書き取り問題です。


Extra Class - アマチュア最上級の資格で、許されている全てのアマチュア無線の周波数での1500W以下での運用が
可能です、合格にはこの試験に合格する前に、Technican Class そしてGeneral Class に合格する必要があります。
試験は、50問の書き取り問題です。

 一般的な勉強法

Amateur Exam Question Pools

日本の試験と違い、全て次の既出問題(QuestionPools)の中からだけ問題がコンピーターにより作られます。
ですから下記の問題を全て暗記すると、確実に合格できます。

初めて受験される方は、Technichan clasaから順番に受けていかなければなりません、日本の試験の様に
いきなり2級アマ、1級アマを受験できません。
下記のリンクは、NCVECのクェツションプールです、全ての試験問題は、この中から出されます。

2014-2018 Technician Question Pool

Public Domain Release 2015-2019 General Class Pool

2016-2020 Extra Pool

 

インターネットを使った模擬試験

"
Question pools"で問題に慣れた後、何度も何度も下記ページでの模擬試験を試してください、
74%で合格ですが、試験当日緊張しますので、少し高い得点が取れるようにがんばって下さい。

          AA9PW FCC Amateur Radio Practice Pages  http://www.aa9pw.com/radio/resources.html


    

    

Gordon West(WB6NOA)受験マニアルによる方法

ゴードンウエスト氏が解説する、アメリカでは有名なマニアル本です。問題の説明が解りやすく、人気のマニアルです。
理論、筋道を理解したい方には、必修です。

フェイズサッポロの店内と"フェイズネットショップ"でも現在販売中です。

                
Technician Class Book  General Class Book    Extra Class Study Manual
FCC Element 2             FCC Element 3              FCC Element 4
2014/7/1〜2018/6/30        2015/7/1〜2019/6/30         2016/7/1〜2020/6/30
                                         

 受験申し込み手順

試験材料の準備の都合上、プレ登録をしていただきます、Walk-in(予約なし受験)は認めません。
プレ登録用紙は当ホームページからダウンロードして記入し、以下のものを同封してフェイズサッポロに
お持ち頂くかご郵送願います。

尚、原則として手続き締め切りは、受験日の2週間前とさせていただきます。

@プレ登録用紙

A受験票(氏名、住所を記入して下さい)

B現在有効なFCCライセンス、またはCSCEのフォトコピーをそれぞれ1枚ずつ
  (初めての方は不要)

C92円切手を貼った返信用封筒(長型三号など、A4用紙 6〜7枚が三つ折りで入るもの)

折り返しこちらから受験票と受験概要をお送りします。
尚、書類処理が間に合わない恐れがあるので、出来るだけ時間に余裕を持ってお申し込み下さい。

 プレ登録用紙のダウンロード    受験票のダウンロード  

 

メーリングアドレスとは

アメリカに住んでいない外国人もアメリカアマチュア無線のライセンスの受験資格は
有ります、しかし最低郵便(FCCから送られる郵便物)が受け取れる住所が必要です。

ご親戚、知り合いがライセンスを受け取り、日本に送ってもらえれば良いのですが、
そんなに簡単な事ではありません。お困りの方は、フェイズ札幌の斉藤までご相談ください。


FRN(FCC REGISTRATION Number )を取得する

当日受験者は、NCVEC Form 605 (申込用紙)に受験者自身で、事前取得したMailing addressと
FRNを記入しなければなりません。
http://wireless.fcc.gov/uls/index.htm?job=home
で取得可能です。詳しく

FRNナンバーの取得方法

ARR/VEC Tokyo VE Teamが詳しく説明
しております、ご覧下さい。

FCCは2015年2月17日から紙ペースの免許証を申込が無ければ発行しません。
自分で次のページからダウロードして取得して下さい。
FCC"Paparless" Amateur Radio License Policy


 受験日の心得(W5YI SAPPORO TEAM)

現在有効なFCCライセンスをお持ちの方、また現在有効な合格証明書(CSCE)をお持ちの方は
必ずそれぞれの原本とそのコピー1通をお持ち下さい。

受験にあたっては米国、またはその属領(グアム、サイパン、ハワイ等でもOK)に確実に郵便の届く住所が必要です。

受験前にはFRN(FCC Registration Number)の取得が必須ですので、受験概要を熟読して必ず取得しておいて下さい。

本人確認のため、パスポートと、他に写真 付き身分証明書(運転免許証等)を1つ持参してください。
本人確認が出来ない場合は、受験をお断り致します。

受験料は、$14.00又は1,700円当日徴収します。

筆記用具(鉛筆、ポールペン、消しゴム等)

当チームでは、ライセンス取得だけを目的とする受験はお断り致します。

その他
●受験者の国籍、年齢、性別等一切を問いません。
●辞書の持込みは禁止します。
●電卓は、単純な四則演算で事前に許可を受けた物に限り使用を認めます。
●試験開始後の途中入場は原則的に認めません。
●不正な受験をしたり、試験中VEの指示を無視した場合には、その試験を無効にします。
  以後の受験も認めない場合があります。
●試験時間の範囲内でしたら、テクニシャンからエクストラ級受験することも、
  また1つのクラスを4時間かけて受験するのも自由です。

 

FCCライセンスに関するお問い合わせは

札幌市中央区南22条西11丁目1-31 店長 JA8EFI /W6IB 斉藤 龍一へ

E-mail: ae6sa@phase-sa.com

上へ戻る